<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茨木童子~その驚愕の生い立ち~阪急茨木周辺を歩く

茨木市役所
今日は茨木市を歩きます。
茨木市は1970年の大阪万博で飛躍的に発展した街で、
今日歩いた阪急茨木近辺もその時期に発展しました。

しかし、その阪急茨木駅も、
当時は高層駅ではなく、
駅前の踏切は開かずの踏切で特にラッシュ時の混雑はひどかったものです。

今は駅も高架式となり、
渋滞もかなり緩和されました。
阪急茨木東口
この阪急茨木駅東側の商店街は、
90年代はじめごろまでは、
ジョーシン」「ニノミヤ」「ミドリ電化」ちょっと離れてましたが「和光デンキ」と家電量販店が密集しておりました。
現在はこんな感じになっており、
阪急東中央商店街
それなりに賑やかな商店街なのですが、
あれだけ繁盛していた家電量販店も今やすっかり様変わりしており、
ニノミヤ」は、
ニノミヤ跡
ドラッグストアになっており、
ミドリ電化」は、
ミドリ跡
レンタルビデオ店に、
そしてその奥には、
コジマ
「コジマ・ビックカメラ」が建っていて、
当時の面影を残すのは「ジョーシン」だけになっています。
ジョーシン
このジョーシン茨木店は、
同社の衛星都市進出第一号店で昭和38年に出店。
51年の歴史があります。

さらにその奥にはスーパーダイエーがあったのですが、
ダイエー跡
今はマンションに変わってしまいました。

ところで、
茨木市の繁華街を歩いていると、
やたらと目立つキャラクター、
茨木童子」。
こんなとこや、
茨木童子ステッカー
こんなところ、
茨木童子看板
もちろん看板や、
茨木童子看板2
郵便ポストの上にまで、
茨木童子ポスト
ぱっとみたところ、
いたずらっぽいですが愛らしく見えるこのキャラクター。
しかしこの「茨木童子」の出生には恐ろしい事実があったのです。

その生い立ちは茨木高校の裏門に詳しく書かれています。
拡大して読んでみてください。
茨木童子説明
実は妖怪だったんですね。

さて茨木市は歴史のある街でもあります。
そのあたりは次回に書かせていただこうと思います。

それでは


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

AD
プロフィール

がちゃん4

Author:がちゃん4
不動産の仕事をしながら訪れた街を、
そのまま記事にしてみようと思います。

大阪収益不動産EGエステートのページにもお越しください!

検索
最新記事
最新コメント
カテゴリ
人気ブログランキング
楽天のおススメ
検索
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まち楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。