<?php include_once("analyticstracking.php") ?>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の心斎橋~アメリカ村~戎橋・・・続き





さて、雨の大阪ミナミ歩きの続きです。
前回はアメリカ村の寂しい風景をお届けしましたが、それでも若い子を中心に賑わっています。


DSC_0140.jpg

DSC_0144.jpg

自分の人生に迷った若者には


DSC_0166.jpg

こんな簡易人生相談所もあります。

さて、大阪のシンボル戎橋は雨でもにぎわっているかな・・・

その前に、このあたりも抑えておきたい。


緑橋喫茶店跡

DSC_0171.jpg

石畳が美しい法善寺横丁

風情がありますね。

戎橋のふもとには橋の歴史の写真が掲示されています。目を通してからの観光がおススメ。



DSC_0156.jpg

DSC_0159.jpg

DSC_0158.jpg

DSC_0157.jpg

昔の道頓堀の様子では、小津安二郎監督の名作映画『東京物語』が上映されています。

そして橋を見上げてみましょうか


DSC_0161.jpg

IMG_20170331_143931_513.jpg

橋の上でも傘の花が咲いています。


ラーメン屋

かつてダウンタウンらが巣立った『心斎橋2丁目劇場』はこのあたりにありました。

道頓堀は雨でもにぎやか


DSC_0164.jpg

こういう大阪お約束の写真も貼ってみる。


DSC_0155.jpg

このまま心斎橋筋商店街に行くのも楽しいですが、雨のテーマには似合わないのでまたにします。

大阪で収益不動産をお探しなら

大阪収益不動産EGエステート

掘り出し物件見つかるかも

大阪不動産競売代行FFパートナー

懐かしい名画の世界へ

あの時の映画日記~黄昏映画館


スポンサーサイト

雨の心斎橋~アメリカ村~戎橋






いつも見慣れた街並みも、雨の日にはその表情を変えて
いつもより優しくなります。

今回は、いつもコテコテ感満載の大阪ミナミの雨の風情をアップしようと思います。

まずは、大阪陸路の要所、新橋の交差点です。大阪の南北の大動脈『御堂筋』と『長堀通』が交差するいつも活気に満ちた場所です。
DSC_0121.jpg

しかし、雨の日はやはり人通りが少ないですね。ユーミンの『雨の街を』が流れてきそう。

御堂筋の側道を南へ下っていくことにします。
DSC_0127.jpg

この先少し行って右へ入ると(西へ入ると)、若者の街、『アメリカ村』があります。
入っていきます・・・
DSC_0146.jpg

やはり雨の日は人通りも少ないですね。普段は車が通行するのにも支障が出るほど人があふれかえることもあります。
こんな看板があるのも大阪テイストかな・・・
DSC_0138.jpg

最近コンビニの万引き犯の顔画像公開が社会問題となりましたが、大阪には関係おまへん。

甘やかすとこうなりますから。
DSC_0151.jpg

というわけで、通称『アメ村』にやってきたわけですが、
中心部の三角公園、いつもなら観光客や高校生、レゲエの住人さんたちが買い食いしたり昼寝したり大賑わいの場所なんですが・・・
IMG_20170331_150419_281.jpg

まるで別世界です。これぞ静寂。RainPowerの威力はすごいですね。
公園に置かれている像も、
DSC_0143.jpg

寂しげです・・・

さて、ここから阪神ファンがダイブしたりして最もステレオタイプなイメージを持たれている、戎橋界隈へ向かおうと思いますが・・・(続く)

★収益不動産のことなら

大阪収益不動産EGエステート

★少しでも安く不動産を手に入れよう!

大阪不動産競売代行FFパートナー

阪急箕面駅前~お手軽日帰り温泉地~1

京阪神にお住まいの方なら一度は聞いたことがあるであろう、 ♪箕面温泉スパ~ガ~デン のコマーシャルでおなじみの箕面温泉。 昔は夏場プール、冬場スケートリンクとしてにぎわっていました。 
阪急梅田駅より、 大阪府池田市石橋駅阪急箕面線に乗り換え。
石橋駅から箕面駅までは4駅4キロの旅。 終点箕面駅とは基本折り返し運転で、 10分ごとの発着となります。 DSC_0117 1

80年代ぐらいまでは、 秋の紅葉シーズンなど臨時車両が運行されていることもありました。 箕面駅に到着しますと、 そこまでの住宅地然としていた風景から一変、 観光地の趣が感じられるようになります。 梅田の都心から30分程度です。

DSC_0091.jpg

DSC_0111.jpg
広島県ではありません((笑)・・・どちらが本家なのでしょうか?
ちなみに箕面温泉名物は『モミジの天ぷら』です。
DSC_0108.jpg

観光案内書をかねて駅構内には足湯施設があります。
DSC_0095.jpg
でも足湯ならお土産屋さんの間をぬってスパーガーデン方面へ少し歩くと、
DSC_0097.jpg
スパーガーデンが経営している、 無料の足湯施設がありますよ。
DSC_0107.jpg
しかし箕面駅のどこからでも見えるスパーガーデンの存在感はすごいです。
DSC_0103.jpg
もちろんここは大阪だから、 お笑いの要素を忘れてはいけない。
DSC_0109.jpg
昔からの馴染みで、 『スパーガーデン』と呼称していますが、 スーパー銭湯の乱立によりスパーガーデンは2012年に倒産してい待っています。 現在は『大江戸温泉物語 箕面温泉スパーガーデン』に経営者も変わり営業。 どんな風にリニューアルされたのか。 それは次の記事で・・・



大阪の収益物件なら・・・
大阪収益不動産EGエステート
懐かしい映画の数々・・・
黄昏映画館~あの時の映画日記

東大阪市長田~中小企業の街

大阪府東大阪市といえば、
全国的に中小企業の街として知られる街である。

米国NASAでのスペースシャトルの部品を受注していたのは有名な話である。
そんな中小企業の街である東大阪市の中でも、
核になる街『長田』に行ってみた。

地下鉄中央線『長田』駅に。
ここで近鉄けいはんな線に乗り入れており、
大阪市内から奈良県生駒まで乗り換えなしでいくかと行くことができる。
DSC_0070.jpg

DSC_0073.jpg

大阪市の南北の動脈が『御堂筋線』だとすれば、
東西を結ぶ静脈ともいえるのがこの『中央線』だ。
シンボルカラーは緑。
DSC_0071 1
駅を上がると、
自動車での大阪の東西の大動脈、
中央大通り』。
DSC_0047.jpg

DSC_0050.jpg

そして地域唯一のショッピング施設、
フレスポ長田』が鎮座している。
DSC_0053.jpg

DSC_0054.jpg

今回出向いたのは、
『長田駅』の北側。
まず、このような風景が広がる。
DSC_0055.jpg

そして当ブログとしては困ったことに、
街全体がこのような風景なので、
ブログ的には面白みがないところは、
ご容赦願いたい。
DSC_0058.jpg

DSC_0051.jpg

DSC_0056.jpg

それにしても寂しい感じだ。
路上駐車の車では、
サラリーマンが昼寝をしていた。
DSC_0067.jpg

DSC_0058.jpg


区画整理されたときに作られたのであろう公園が、
いい感じで紅葉してました。
DSC_0068.jpg

物流の街である『長田』。
中央大通りと、
これもまた大阪を縦断する中央環状線とも直結しているので、
物流的には重要な拠点となる。
DSC_0065.jpg

そんな中央環状線の側道の歩道にポツンと置かれた自転車。
持ち主はどこに行ったのだろう。
どのくらい放置されているのだろうか・・・
なんとなく物悲しくなる風景だ。
DSC_0066.jpg

昼間は中小企業の街だが、
夜は幹線道路沿いに欲望の街となる。
DSC_0060.jpg

DSC_0062.jpg

『けいはんな線』が開業30周年を迎えたということで、
長田駅の構内には、
この線の歴史などが張られていた。
DSC_0043.jpg

DSC_0042.jpg

DSC_0045.jpg

DSC_0044.jpg

平日の昼間だからだろう、
駅は人も少なくとても静かだ・・・
DSC_0046.jpg

気のせいだとは思うが、
活気に乏しい街だ。
日本の経済を支えているのは中小企業。
その核ともいえる東大阪市。
ぜひ活気を持ってほしいものだ!!!

今回レポートしたのは、
このあたりです。

大阪収益不動産のことなら
EGエステート


懐かしい映画のレビュー

あの時の映画日記~黄昏映画館
懐かしい名曲の数々・・・
昭和音楽祭
















神崎川『三津屋商店街』もカオスだった

IMG_20160418_145822.jpg

阪急神戸線神崎川駅』。
IMG_20160418_151405.jpg

淀川区の北端にあるこの駅の西側に、
昔ながらの商店街が存在する。

ふと立ち寄ったこの商店街が、
思った以上にカオスだったので、
写真撮りまくってきました。

商店街の入り口には、
関西人の胃袋を満足させてくれる立ち食いの、
『都そば』がある。
だしが効いてて、
関西人にはちょうどいい味付けなのだ。
IMG_20160418_150328.jpg
そしてアーケード街のほうに足を向ける。
IMG_20160418_150638.jpg

が、
やっぱり暗い。
IMG_20160418_150848.jpg
でも、
営業している店舗は、
工夫を凝らして生き残っているのである。
たとえば、
IMG_20160418_150622.jpg
タコ焼きを募集しているのである!
たぶんタコ焼きを焼く人募集なんでしょうね。
売り上げ総取りのようですよ。

この店のメインは、
IMG_20160418_150631.jpg
焼き鳥屋さんのようである。
しかも食べ放題。

これだけ自己主張の強い店がある反面、
IMG_20160418_150540.jpg
じつに控えめな床屋さんもある。
IMG_20160418_150551.jpg
月曜日だったため、
店の雰囲気をうかがい知ることはできなかった。

こういう洋食屋は僕好みなのだが、
先ほどの都そばで天ぷらそばを食べたために、
入店は断念。
IMG_20160418_150904.jpg
大阪の店舗といえば、
その独特のセンスがよく話題になるのだが、
IMG_20160418_150727.jpg
『らったった』と読むようである。
なんとも脱力系の大阪らしいネーミングだ。
私の世代の方はスクーターを連想することでしょう。
IMG_20160418_150718.jpg
中華料理店なのか???

IMG_20160418_150402.jpg
どこからとなく、
焼肉の匂いが漂う。
もちろん『鶴橋』ほどの強烈さはないが、
コリア系は元気なようです。
IMG_20160418_150819.jpg
スナックアリランって・・・・(苦笑)

こういう魂の叫びもある!
IMG_20160418_151135.jpg

IMG_20160418_150754.jpg
シャッター通りが哀しい。

大阪の都心にも10分足らずで出ることができ、
大きな工場も移転しマンションが建ったこの立地。
かつて漂っていたメタンガスの匂いも消え、
環境のいい住宅街に変貌を遂げようとしている。
IMG_20160418_151653.jpg
駅のすぐ西側には、
大型スーパーの阪急オアシスが存在している。
IMG_20160418_151213.jpg
なんとか商店街と共存してほしいものだ。

どんどん進むと、
大阪庶民有数の歓楽街『十三』(“じゅうそう”と読みます。)に、
たどり着くことができる。

近いうちに『十三』のレポートもしたいと思います!

神崎川駅周辺

三津屋商店街振興組合





収益不動産のことなら
大阪収益不動産EGエステート

懐かしの映画
あの時の映画日記~黄昏映画館

昭和歌謡の世界へようこそ
昭和音楽祭

管理人はスワローズファンなんです
翔べ東京ヤクルトスワローズ!進撃燕軍団!


















AD
プロフィール

がちゃん4

Author:がちゃん4
不動産の仕事をしながら訪れた街を、
そのまま記事にしてみようと思います。

大阪収益不動産EGエステートのページにもお越しください!

検索
最新記事
最新コメント
カテゴリ
人気ブログランキング
楽天のおススメ
検索
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

まち楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。